加齢による黒ずみ

年齢を重ねると、肌の黒ずみに悩む方が多くなるようです。
黒ずみがないと、若々しく見えますよね。
ぜひ維持したいものです。
では、なぜ年齢を重ねると肌に黒ずみが目立つようになってしまうのでしょうか。

黒ずみとは、肌の一部だけに黒いメラニン色素が沈着してしまい、シミのような、あざのような痕を
作ってしまっているものです。

本来肌は繊維芽細胞というところから生成されるコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分によって、
常に水分を得ています。

ところが、繊維芽細胞も時間の経過とともに老化していきます。
すると、保湿成分が体内で作られなくなってしまうのです。
そのため、肌の表面が乾燥してしまい、バリア機能が弱まるために、メラニンの増殖が起きてしまうのです。
これが黒ずみのもととなります。

黒ずみのある個所はなんとなくざらざらしていて、その黒ずみのせいで、より老けて見られることもあります。

いつまでも白くてすべすべした肌で若々しくいたいものですね。

肌の黒ずみが気になる方はコチラの参考サイトをご覧ください。