サプリメントの通販サイトによる販売

サプリメントを使っている人は大勢いますが、販売に何か専門的な資格や、許可を得なければならないものでしょうか。個人販売で売り出す限りは、サプリメントは資格や認可などは一切ありません。そのため自ら取り扱ってみたい思えばインターネットの通販サイトを用いて容易に販売することが可能なのです。

サプリメントは法律上は食品に分類されているため、専門知識等が必要ないためです。サプリメントを販売する時に守らなければならないこととして、商品の説明に効果や効能を書くことがあります。現在、効能を記載して良いのは医薬品のみであり、食品などに効能や効果を記載してしまうと薬事法に違反してしまいます。明確に、特定症例に対する効能があるような記載の仕方をしないように注意をして、サプリメントを売りましょう。海外産のサプリメントを輸入販売する時などは手続きが必要な場合もありますし、成分表示に気を配らなければならないこともあります。海外製のサプリメントの中には、日本では医薬品にのみ使用できる成分が含まれているケースもあります。配合成分によっては医薬品としてでなければ売ってはいけないサプリメントもありますので要注意です。海外で売り出されている時は医薬品でなくても、日本では医薬品として売られていることがあります。個人でサプリメントを販売する時には、許可申請などの手続きが必要であることを忘れていはいけません。
小顔プラス 効果