食事の影響を受けやすい

皮脂の成分はいろいろとありますが、その中でも一番多いのは何でしょうか。それは中性脂肪ということができます。中性脂肪は皮脂全体の成分の60%にあたります。

中性脂肪は、皮脂腺から分泌されたものが途中で分解され脂肪酸とグリセロールになって、皮膚の表面ににじみ出てきます。このときできる脂肪酸の種類と量から食事の影響を受けやすいということができます。この刺激性が強く、ニキビの原因となることがわかっている脂肪酸の材料となるのはというものでしょうか。それは動物性の脂肪を、牛肉や豚肉、マトン、バターや牛乳、チーズといったものということができます。これとは対照的に、大豆油、ごま油といった植物性の油は、同じ脂肪酸であったとしてもリノール酸を大量に含んでいますので、皮膚に悪影響を与えることはないということができます。動脈硬化を予防する意味において、動物性脂肪よりも植物性の油がいいというふうに言われていますけども。皮膚についても同じようなことがいえます。くろあわわ!最安値!