野菜不足がいけないのはどうして?

「野菜をたくさん食べましょう」と良く言いますが、実際はどう体に良いのか、よくわからなかったりしますよね。

野菜が体に良い理由で代表的なものは、ビタミンがたっぷりと含まれているから。ビタミンというのは炭水化物や脂質などの代謝に関わったり、体を健やかに保つなどの重要な働きがあります。

ですから、野菜不足になってしまうとせっかく摂った栄養素も上手くエネルギーもにならなくなったり、免疫力が落ちてしまって体調を崩しやすくなるのです。

また、便秘解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれているというのもポイントですね。

食物繊維には腸内の善玉菌を増やしたり腸のぜん動運動を促進して便秘を改善するほか、炭水化物の吸収を抑制したりコレステロールを吸着して体外に排出するなど、肥満予防にも役立ってくれる成分なのです。ダイエット中は是非積極的に摂りたいですよね。

また、生の野菜には最近話題の「酵素」がたっぷりと含まれているのもポイント。

体内酵素が不足すると、主に消化のほうに優先的に使われてしまうため、代謝に使われる酵素が不足します。その結果、太りやすくなってしまったり免疫力が落ちてしまうなどの悪影響が出てしまいます。

健康で美しくいるためには、野菜不足にならないよう、毎日たっぷりの野菜を食べるように心がけたいですね。

サンスター粉末青汁の口コミ