にきびケアは肌質次第

にきびのケア方法は肌質の違いによって随分と違いが出てくるとされています。脂分や水分が多い肌であるかどうかで違ってくるんですね。一般的には普通肌や乾燥肌などとよく言われますね。そうしたところにできたにきびのケア方法は肌環境の改善第一。サプリメントなどでの内側からのケアも注目されています。
NonA(ノンエー)サプリメントの効果~ニキビ対策

水分が多く脂分が少ない最も良質な肌が普通肌。そうでないものが乾燥肌や混合肌、混成肌などと言われますね。そうした自分の肌質というのは頬を触ってみると皆大体分かるものなのだそうです。例えば今自分の頬を触って脂っぽかったりすると混成肌や混合肌などというものになるでしょう。頬に潤いがあるであったり、洗顔後にツッパリ感があったりで分かることのようですね。

ちょうど今頃の冬場にはカサカサ肌で荒れやすい乾燥肌の方がツラい時期と言えると思います。筆者も冬場にはお肌が乾燥してしまって、外に出ると寒さで皮膚に赤切れひび割れができてしまったりすることがあります。九州なので寒いと言っても下がってせいぜい0℃前後。それほどのものではないと思っています。そんな筆者からすると東北や北海道というのは氷点下が当たり前の寒さというので、一体どれほど厳しい寒さなんだろうと思います。乾燥肌の方がそういった地域にお住まいだと特に厳しいものがあると思いますね。