雪まつりと言えばやはり北海道の「さっぽろ雪まつり」が有名です

雪まつりの時期なら現地の靴屋さんに行くと、種類が豊富なうえに安く買うことができます。

防寒性に優れているとはいえ、冬用の厚手靴下や重ね履きををしないと足元が冷えます。

そのためいつも履いている靴よりも大きいサイズを選ぶといいでしょう。

雪まつりと言えばやはり北海道の「さっぽろ雪まつり」が有名ですね。

この雪まつりを見るために、普段は雪の降らない地方に住んでいる人も数多く北海道を訪れます。

開催される2月は1年中で一番寒い時期で、雪も非常に多いです。

そのため雪国に慣れていないと寒さに合った服装や靴の選び方がわからないかもしれません。

寒くない服装は重要ですが、靴選びに失敗すると歩きづらいですし、雪道の歩き方を知らないと転倒する可能性があってたいへん危険です。

雪まつり会場はすべり止めのための焼砂がまかれていますが、その会場から出れば、市内は地面がツルツルなところもあるのでそれなりの備えは必要です。

選択肢としては、普段履いている靴にすべり止めを装着するか、「冬靴(スノーシューズ・スノーブーツ)」と呼ばれるタイプの靴を購入するかです。

すべり止めなら現地の靴屋さんに行くと1つ500円くらいで買えますが、おすすめは冬靴を現地で購入することです。

脱毛サロンで上手な勧誘の断り方

冬靴にはスパイク付きやスタッドレスタイヤの技術を取り入れた水を吸い込むタイプのものや、靴底の溝が深いもの浅いものなどなど様々な種類があります。

そんな冬靴の中でスノトレ(スノートレーシューズ)と呼ばれるものが、すべりにくくさらに防寒性にも優れています。

しかも見た目は普通の靴と同じように見えるおしゃれなものもあります。

雪まつりの時期なら現地の靴屋さんに行くと、種類が豊富なうえに安く買うことができます。

防寒性に優れているとはいえ、冬用の厚手靴下や重ね履きををしないと足元が冷えます。

そのためいつも履いている靴よりも大きいサイズを選ぶといいでしょう。