借りすぎ注意ですね、キャッシングは。

キャッシングの金利は各社違うのでしょうか?と聞かれることがあります。結論から言うと、各社ほとんど変わりはありません。アコムやプロミス等の金利は、下限金利~上限金利(○%~○%)という広告の仕方ですが、100万円までは原則上限金利が適用されることが多いです。平成27年7月現在でいうと、アコムは18%、プロミスは17.8%でほとんど変わりません。昔はこの数字以上の金利で貸す会社もあったそうですが、今現在は利息制限法で上限金利が制限されていますし、法外な金利で支払いが金利ばかりで圧迫されることが少なくなりました。多額の場合は、元金にかかる金利の負担(利息)額が増えますので、借り過ぎには注意が必要です。

借り過ぎの原因の一つに、キャッシングサービスの利用のしやすさも挙げられています。今はスマートフォンをもっている方がほとんどで、歩いていると持っていない人の方が少ないぐらいではないでしょうか。キャッシングサービスもこのスマートフォンに対応させ、申し込み手続きが可能になっています。わざわざ自動契約機などに行かなくてもよいわけです。手軽な時代ですね。手軽さがダメということが言いたいのではなく、手軽さゆえに借り過ぎにはより一層注意しましょうということです。